TOKAIの住宅

地球環境と未来のことを考えた家づくり TOKAIの注文住宅

建築士ブログblog

建設地(土地)をお探しの方はこちらへ

TOKAIの注文住宅ホーム> 建築士ブログ > 世界遺産 [芳賀]

普段の仕事の様子や日常の何気に感じたこと等。建築士のつぶやきを綴ります。

2014.05.08世界遺産 [芳賀]

皆さんこんにちは。

ゴールデンウィーク皆さんはどう過ごされましたでしょうか?

私はというと、子供とエスパルス応援(残念ながら敗戦 涙)、妻の実家、

映画鑑賞であっという間に終わってしまいました。

 

藤枝 蓮華寺池公園では4/21~5/5まで『藤まつり』が開催されました。

(今年は行けませんでしたが)

藤枝市では、"日本一の藤の里作り"を推進しています。来年是非寄ってみて

ください! 

0508image002.jpg

 

また、藤まつり開会式では藤枝市制60周年記念のアイドルキャラの発表が

行われました。『フジえ』さんです!!

気品あふれる大人の魅力「マダムキャラ」。特技はお茶を淹れることと日舞。

サッカーだってたしなみます。

先輩の焼津市マスコットキャラクター鰹の『やいちゃん』(394位)と共に

ゆるキャラグランプリ上位入賞目指してガンバレー!!

 

 

さて、先月、群馬県富岡市の富岡製糸場が世界文化遺産に登録される

見通しであると報道されました。

富岡製糸場?! という事で少し調べてみました。

明治5年、明治政府が日本の近代化のために建設した模範機械製糸場です。

なぜ富岡市かというと、

①   富岡付近は養蚕がさかんで生糸の原料が確保できる。

②   工場建設の為の広い用地がある。

③   既存の用水を使って製糸に必要な水が確保できる。

④   燃料の石炭が近くで採れる。

⑤   外国人指導の工場建設に地元の同意が得られた。

ということだそうです。

 

小学生の頃のカイコを育てた記憶が少し蘇りました!

昔は近くによく桑畑があったんですよね。

今、子供が家でカイコを育てようものならタイヘンなことになります!

子供の頃は平気で触れたカイコですが、今ではもうムリですよね。

 

建物の設計はフランス人 オーギュスト・バスティアン。

幅12.3m 高さ12.1m 長さ140.4mで当時、世界的にみても

最大規模の工場でした。

構造体は「木骨煉瓦造」。柱・梁などは木造で、柱と柱の間に煉瓦を積み入れて

造る構造です。

屋根組はトラス造で屋根は日本瓦葺き。柱・梁が見えていて和風なのに壁は

煉瓦で西洋風。屋根は和瓦で和風。

伝統的な日本の建築技術に西洋の新しい材料や技術を取り入れ

融合した建物です。

 

 

6月の世界遺産委員会で登録の可否が決まるそうで、登録されると昨年の

富士山に継いでの世界遺産登録となります。

日本には世界遺産がいくつ登録されているかご存知ですか?

文化遺産が13、自然遺産が4となっています。

登録数ランキングですと

日本は世界で13位、アジアでは中国、インドについで3位となっています。

世界1位はイタリアで49、2位は中国で45、3位はスペインで44。

 

いつかは、世界遺産めぐりの旅が出来たらと、叶わぬ夢を抱きつつ

今月も仕事頑張ります!!

 

 

 

 

 

ゼロエネ住宅の秘密をのぞいてみよう! 我が家で使うエネルギー費が0円の理由 デジタルブックを見る

TOKAIの二世帯住宅 想継の家 アンケートに答えてプレゼント!「しあわせ同居3点セット」

ページの先頭へ