TOKAIの住宅

地球環境と未来のことを考えた家づくり TOKAIの注文住宅

建築士ブログblog

建設地(土地)をお探しの方はこちらへ

TOKAIの注文住宅ホーム> 建築士ブログ > クールビズ [玄]

普段の仕事の様子や日常の何気に感じたこと等。建築士のつぶやきを綴ります。

2014.05.30クールビズ [玄]

皆さん。こんにちは。

うっすらと汗ばむほどの陽気を感じる季節となり、

初夏の気配を感じるころとなりました。

 

TOKAIにおきましても、5月より「クールビズ(COOL BIZ)」がはじまりました。

P1070690_R.JPG

「クールビズ(COOL BIZ)」とは、地球温暖化対策の一環で、地球温暖化対策において

冷房時の室温28℃でも快適に過ごすことのできるライフスタイルを実践する節電の取組です。

 

暑がりの私は、すでに額に汗が・・・・(*´д`*)

これからどんどん暑くなるのが恐いです・・・

最近は、吸湿速乾・消臭・清涼効果のある高機能素材の衣類など、クールビズに向けた商品が

たくさん出ているので、こういった商品を活用して暑い夏を乗り切ろうと思います!

こういった商品を活用する事で、快適に過ごすと言う点で通じる事ですが。

 

住宅を設計する際、どのように自然の風が流れ、どのように自然の光が差すのかを考えます。

たとえば、 温かい空気は上に、冷たい空気は下へと向かう性質を利用して室内に風の通り道を

つくる。・・・・Zero Estの『そよ風のエレベーター』も、そういった温度差を利用した通風効果です。

風の流れイメージ.JPG

 ↑ 【そよ風のエレベーターのイメージ図】

たとえば、 「縦すべり出し窓」や「高所用横すべり出し窓」や「ルーバー窓」など採風効果の優れた

窓を適所に配置し、風の流れを考える。・・・・以前の建築士ブログでも何回か話に出てきた

『パッシブ設計』です。

たとえば、開閉式の天窓を設けることで、屋根上を通る風を室内に取り込むことができます。

・・・・風の圧力差を利用した通風効果です。

天窓風の流れ2.jpg 

たとえば、密集地や北側の部屋など光が入りにくい居室には天窓を設ける。

・・・天窓は壁面の窓に比べ3倍の採光効果があると言われています。

また、天窓は1日採光時間が長いので有効的な採光が得られます。特に北側の屋根の天窓は

おすすめです!!

1001_SA_0005A.JPG

また、TOKAIの住宅におきましては、以前より環境配慮型住宅開発を行ってきて、

ゼロエネ住宅 『Zero Est』 や『Zero Mikke』 といった商品を発売してきました。

その技術と実績を基に、これからも、より快適にすごせる提案をしていきたいと思います!

ゼロエネ住宅の秘密をのぞいてみよう! 我が家で使うエネルギー費が0円の理由 デジタルブックを見る

TOKAIの二世帯住宅 想継の家 アンケートに答えてプレゼント!「しあわせ同居3点セット」

ページの先頭へ