TOKAIの住宅

地球環境と未来のことを考えた家づくり TOKAIの規格住宅

お客様の声Voice

建設地(土地)をお探しの方はこちらへ

TOKAIの規格住宅ホーム> お客様の声 > 暮らしやすさを追求した家

vol. 013

暮らしやすさを追求した家

「シンプル、そしてコンパクトに」をコンセプトとして始まった我が家の建て替え計画。夫婦2人での暮らしに優しい家を建てるべく計画を進めました。打ち合わせでは、あれやこれやと話す中で設計士が私たちの想いを上手く汲み取り、決め細やかな提案をしてくれました。LDK横の小上がりの和室は、そこに腰掛けたいという希望を伝え、高さについて打ち合わせをしたりアドバイスをいただいたりして心地よい高さに仕上げてもらい、とてもお気に入りの場所となりました。

事例集でも写真を中心にご紹介しております。詳しくはこちら。

新しい我が家で暮らし始めて、改めて設計士の気遣いを感じたりして楽しく暮らしています。

また、天井高を出来るだけ抑えたことで、夫婦2人の空間としてとてもリラックスできる空間となっただけでなく、階段の蹴上げの高さも抑えられ、老後も安心して暮らせます。また、対面キッチンという固定観念を打ち崩して、オープンキッチンの提案をしていただいたことは、夫婦2人の生活にはちょうどいい暮らし方だと、暮らし始めて気付き、暮らしやすさを実感しています。新しい我が家で暮らし始めて、改めて設計士の気遣いを感じたりして楽しく暮らしています。

道路側の大開口でもほどよい目隠しが暮らしやすさをアシスト。

小上がり部分を利用した収納にはとても助かっています。

夫婦2人暮らしにちょうどいい配置のダイニングキッチン

他の部屋とは趣を変え、勾配天井とした寝室

建築士からのメッセージ

棚田 善光Yoshimitsu Tanada

幸せオーラが常に、こぼれっぱなしの素敵なご夫婦。お二人の暮らしの、つかず、離れず、時にはくっつく(笑)の間合いを私なりに設計に落とし込みました。実は私が今回プランをしていく中、一番最初に決めたのはソファーの位置なんです。この土地で、ここが一番気持ちのいい場所だろうなと。そこを手掛かりとして設計を展開しています。また階高、天井高を、ぐっと低く抑え、そのかわりに開口部を天井いっぱいまで確保することにより視線が抜け、空間に広がり感を与え、居心地の良さに繋げています。また上下階の気配を繋ぐ、とっておきの仕掛けも、3次元効果による空間の魅力に一役買っています。2階で‘おーい‘って言えば‘なぁーに?‘みたいな装置で、不要な時には蓋も出来る(笑)
そんなとっておきのソファースペースに置くソファーは、もちろん造作(下部はひざ掛けなども収納出切る引き出し付)で造らせて頂きました。
玄関には施主様オリジナルの素敵な暖簾がかかっていて、書かれている文字には・・・・‘笑う門には福来たる‘          
納得であります(笑)

家づくりに関するお問い合わせ・ご相談はこちら

TEL.0120-600-548受付時間外の緊急のご連絡については、 お手数ですが、お客様の担当支店へ直接ご連絡ください。

受付時間 / 午前9時~午後6時 休日 日曜・祝日

ページの先頭へ