光と風、家族が回遊する家|お客様の声|TOKAIの規格住宅

TOKAIの住宅

地球環境と未来のことを考えた家づくり TOKAIの規格住宅

お客様の声Voice

建設地(土地)をお探しの方はこちらへ

TOKAIの規格住宅ホーム> お客様の声 > 光と風、家族が回遊する家

vol. 019

光と風、家族が回遊する家

生活する上で便利な動線を考えた結果辿り着いたのが、家の中をぐるぐると廻れる間取りでした。奥様が買い物をして帰ってきたら駐車場側に設けた勝手口からパントリーを経由してキッチンへ。自転車で帰宅した旦那様も自転車ごと玄関から通り土間のクロークヘ。

2階も寝室のウォークインクローゼットから納戸を経由して廊下へ通り抜ける回遊する収納にした事で、人も風も通り抜ける使いやすい収納になりました。

和風住宅の木の質感や畳が好きで建材にもこだわりましたが、特にチークの無垢フローリングはビンテージ風色目や味のある木目が気に入っています。奥様が選んだキッチン背面の和紙調のクロスは意外性がありながら空間にも調和して正解でした。

事例集でも写真を中心にご紹介しております。詳しくはこちら。

用途を決めずにあえてニュートラルな空間にしたかったんです。

一般的な住宅にあるソファーやダイニングテーブルは置かず、床に座る生活スタイルは、幼い頃から和風住宅に馴染みがあったので自然な流れでした。
家の間取りを考える際、重視した事はあえて空間の用途を決めすぎない事です。
例えばLDKだったら、ダイニングテーブルを置いて、ソファーを置いて、テレビはここで…と用途を決めてしまうと、限られた使い方しかできなくなってしまう。
一件の家で確保できる空間は限られているので、専用の場所を設けるのではなく、用途を決めない空間を作り必要に応じて使用する、“ニュートラルなハコ”というイメージを大切にしました。
玄関の通り土間や広めに取った廊下、一見無駄のように見える空間が使い方次第で別の役目を果たす事が狙いなんです。
TOAKIさんは営業・設計・現場監督・棟梁の連携がよく取れていて、急な変更にもスムーズに対応して頂き、安心して建てることができました。

ゆとりある玄関ホールがお客様を気持ちよくお出迎えします。 通り土間を経由して勝手口やキッチンパントリーにアクセスできます。

フローングの力強い木目との相性を考えて選んだダークブラウンの建具や、 キッチンの紺色の和紙調クロスが空間をバランスよく演出します。

塗り壁・間接照明で装飾した床の間や部分的に下げた天井が視覚を楽しませてくれます。

子供が小さなうちはみんなで広々と、将来は間仕切りで2部屋に区切ります。 ウォークインクローゼットから廊下へ通り抜けられる設計です。

間接照明・アクセントタイルや陶器の手洗いボウルを採用した魅せるトイレ。

玄関から勝手口へ通り抜けられる広い土間スペース。駐車場からキッチンへ最短距離でアクセスできるので、買い物帰りの奥様にうれしい設計。

建築士からのメッセージ

玄 僚太郎Ryotaro Gen

マイホームを建てるなら、全てにおいてとことんこだわりたい。そんなご主人からのご要望は「家族みんなの動線や、将来のライフスタイルも見据えたお家。使いやすいところに収納があり、他とは違う家にしたい。」という事でした。土地を探すところからスタートし、外観や内観、照明ひとつひとつの位置まで、何度もお打合せさせて頂きました。

「家事動線だけでなく、自分や子供の動線、を考えたら、もっと掃除も楽になるのではないかと。」
確かに、奥様の家事動線は設計する上で基本とする所ですが、それと同じようにご主人・お子様・家族全員の動線を考えてプランするのはとても重要な事です。
また、今いる家族だけでなく、家族が増えた場合も考慮すると、空間に用途を決めて限定するのではなく、
1つの空間で、こうも出来るというような、可能性を残しておく。そんな未来設計を心がけました。

そして、ご家族の生活をイメージした私の答えは、ぐるぐる廻れて、家族が喜ぶ動線のある家です。
ぐるぐるポイント①:玄関⇔クローク⇔パントリー⇔勝手口⇔キッチン
勝手口は奥様にとって第二の玄関です。
買い物から帰ってきたら玄関まで行かずとも駐車スペースに隣接したお勝手口から入り、
そのまま パントリー(食品庫)へ直行できます!

ぐるぐるポイント②:主寝室⇔ウォークインクロゼット⇔みんなの収納⇔ホール⇔小屋裏収納
普段から使う物と時々使う物とめったに使わないものとゾーン分けし、
収納計画にも動線を考慮することで、出し入れが容易にできます!

お施主様には、休日だけでなく、お仕事帰りにも何度も打合せに足を運んで頂きました。
建材を見に行ったり、ショールームを廻ったり、色々調べながら打合せしたり・・・。
家作りの打合せはとてもパワーが要るのですが、「いい打合せが出来ました!」と毎回、笑顔で帰って行かれる姿が印象的でした。その結果、夢いっぱいのご家族のマイホームは見所たっぷりの素敵なお家になりました。

お引渡し後に伺わせていただいた時も、「北側のトップライトのおかげで昼間電気つけなくても明るいんだよ。」
「リビングの縦窓を開けておくと涼しい風が入るんだよ。」「暗くなると外のスリットから照明がこぼれていい雰囲気!」「玄関のダウンライトがちょうど塗り壁を照らして陰影をつくってかっこいい」など嬉しいお言葉を頂きました。

将来の家族構成も見据えた動線のお家になりましたので、これからも生活スタイルにこだわり続け、楽しみながら空間をアレンジして過ごしていただければと思っております。ありがとうございました。

家づくりに関するお問い合わせ・ご相談はこちら

TEL.0120-600-548受付時間外の緊急のご連絡については、 お手数ですが、お客様の担当支店へ直接ご連絡ください。

受付時間 / 午前9時~午後6時 休日 日曜・祝日

ページの先頭へ