身体にやさしい建材の採用

その1 ホルムアルデヒド対策

建材に含まれているVOC(揮発性有機化合物)は微量でも頭痛やめまい、アレルギーなど体に悪影響を及ぼすと言われています。TOKAIではお住まいになるご家族の健やかな暮らしを考え、建材や施工材の品質まで徹底的にこだわった物を使用しています。
塗料などにはVOC(揮発性有機化合物)の含有量の少ないものを使用。またホルムアルデヒド対策としては、室内扉・フローリング・クロスなどの内装材はもちろん、合板や接着剤、断熱材などにいたるまで、ホルムアルデヒド放散量の最小基準値をクリアしているF☆☆☆☆認定材料またはそれと同等の大臣認定材料を使用するなど、健康仕様に努めています。

建築材料の区分 ホルムアルデヒドの発散 JIS、JASなどの
表示記号
内装仕上げの制限
建築基準法の規制対象外 F☆☆☆☆ 制限なしに使える
第3種ホルムアルデヒド
発散建築材料
F☆☆☆ 使用面積が制限される
第2種ホルムアルデヒド
発散建築材料
F☆☆
第1種ホルムアルデヒド
発散建築材料
旧E2,Fc2又は表示なし 使用禁止

TOKAIが選ぶ最高等級の建材

使用場所 基準とする部材 性能・規格
壁・天井 非塩ビクロス F☆☆☆☆
クロス糊 F☆☆☆☆
フロア材 F☆☆☆☆
床下地 F☆☆☆☆
室内建具 扉材 F☆☆☆☆
枠材 枠材ルームセット 国土交通大臣認定商品(0.3mg/r)以下
玄関キャビネット キャビネット扉材 F☆☆☆☆
収納 扉材 F☆☆☆☆
システムキッチン 扉材 扉外側F☆☆☆☆材
内側F☆☆☆☆
洗面化粧台 扉材 外側F☆☆☆☆
内側F☆☆☆☆
防腐・防蟻処理 非有機リン系薬剤

その2 快適で健康的な暮らしを支えるクリーンな空気環境

シックハウス対策は建物に使う素材に配慮するだけでは足りません。お住まいになってからお使いになる家具や日用品などからも有機化学物質が発散すると考えられており、適切な計画換気※をすることが求められています。
TOKAIでは、室内の空気の流れについて、十分な換気対策と新鮮な空気環境にこだわり、2種類の計画換気システムを採用し、お客様にご提案しています。
※計画換気とは湿気・ホコリ・臭気などを含んだ汚れた空気を室外に排出し、新鮮な空気を室内に取り込むことをいいます。計画換気は機械によって汚れた空気を排出、新鮮な空気を必要なだけ計画的に取り入れる仕組みで、空気の動きの経路・方向・速さ・量をコントロールして、家中の空気を常に清浄に保つ事が出来ます。
また、カビやダニの発生を押さえ、結露の原因となる湿気や家具などから発生するホルムアルデヒドなどの化学物質を排出する事が出来ます。

第一種計画換気

第1種換気システム

換気設備機械で強制的に給排気を行なうため、外の風速変化にかかわらず常に適正な換気量を維持できます。また、熱交換型第一種換気システムは、換気によって失われる熱を回収し、取り入れた新鮮な空気に再び熱をのせて室内へ返すという仕組みです。空気の流れを抑制しやすく、冷暖房時の換気による熱ロスが少なくてすむ快適性をさらに重視したシステムです。

第三種計画換気

第3種換気システム

機械排気を行うことで室内を負圧(室外より低い気圧)にし屋内外の圧力差により、居間・寝室などに設けられた自然給気口からきれいな外気が必要量取り込まれます。
家の中の汚れた空気はトイレなどに設けられた排気ファン(機械排気)から屋外に排気されます。機械排気と自然給気の方式によって換気にかかる電気代を抑えた経済的なシステムです。

その3 快適な音環境のために/防音一体型排水管

階上にトイレや洗面所を配置した場合、気になるのは排水の音。いくら家族だからといっても、この水廻りの耳ざわりな音は許せないもの。

TOKAIでは防音材一体型排水管を採用。
従来の配水管に比べ音の大きさを、約15デジベル抑えることができます。
実際の建物では壁や天井の中に配管されることから、さらに排水音は低下し、ほとんど気にならない音の大きさになります。

音の単位
(デシベル)
めやす
110 飛行機エンジンの近く
100 大声大会の声
90 ダンプカーの走る音
80 1mはなれたピアノの音
70 うるさい教室、掃除機の音
60 普通の会話、自動車の音
50 静かな教室
40 図書館
30 ささやく声
  • 防音加工なし

    トイレの排水音などがよく聞こえ、
    耳障りです。

  • 防音加工あり

    部屋の中では、排水音がほとんど
    聞こえなくなり、静かで快適です。